クレンジング時の注意点

メイク落としにはご用心

クレンジング時の注意点

クレンジングをしっかり行っていないと汚れが毛穴につまってしまい、
ニキビの元になります。
そのほかにも、化粧水の浸透率が悪くなってお肌が乾燥するなどの
様々な肌トラブルの原因となってしまいます。そうなってしまっては、後になってから
ほうれい線の化粧品を使っても手遅れの場合だって、ありえます。

化粧をせずに過ごした日も、汗をかいたりホコリなどが付着することによって
汚れがつまってしまうので、皮脂の溜まりやすいTゾーンはクレンジングを
行う事をおすすめします。


ニキビの原因となる皮脂汚れを落としてくれるクレンジングも気を付けたい点がいくつかあります。

1. 強い刺激を与えない事
クレンジングの際にゴシゴシこすりすぎると摩擦が起きてしまいます。 摩擦によって肌本来が持つ水分までも失ってしまうと、乾燥して刺激を受けやすくなるのです。 さらに、そこで受けた刺激はシミやシワを作る原因にもなってしまいます。 強くこすらずに、すすぎの際もぬるま湯で優しく洗い流すようにしましょう。


2. クレンジング料をたっぷり使う事
少ない量で行うと摩擦が強くなり、余計な負担をかけてしまうことになります。 お肌のためにも、もったいないと思わずにたっぷり手に取り、包み込むように馴染ませて下さい。


3.短時間で済ませる事
クレンジングは丁寧に行わなければなりませんが、長時間つけていると必要な皮脂までもが失われてしまいます。 そのため、肌への負担を軽減させるためにも短時間で済ませることが大切です。


最近はウォータープルーフのマスカラ、アイライナー等を使用されている方も多く、目元のメイクは落としにくいかと思います。 しかし、目元・口元は特に敏感な部分であり、刺激が強いとすぐに乾燥してしまうので注意が必要です。 決してこすらず、汚れを浮かせて落とすことを意識しながら行って下さい。

クレンジングの際は、肌への刺激をできるだけ減らす事を心がけましょう。