ニキビと生活習慣の関係

ニキビと生活習慣の関係って?

ニキビと生活習慣の関係

皆さんはニキビの生まれる原因をご存知ですか?勿論理由はひとつではありませんが、いくつか理由を紹介させてください。

まずはホルモンバランスが偏ってしまうことが、ニキビが生まれる理由として挙げられるようです。ニキビというのは、毛穴を皮脂が塞いでしまったところに、ニキビの元であるアクネ菌が悪影響を及ぼし炎症を起こしてしまうことから始まります。

例えば十代の頃に生まれる一般的なニキビは、成長ホルモンの分泌が崩れる事がきっかけで生まれるようです。皮脂腺から必要以上に皮脂が現れ、毛穴を皮脂や角質が塞いでしまいます。

塞がれてしまった毛穴は炎症を起こして、ニキビとなってしまいます。生理前に現れるニキビも同様です。女性のケースでは、生理が始まる頃になるとニキビに悩まされる人が少なくありません。

それはなぜかというと、排卵後に黄体ホルモンが過剰分泌されることによって、お肌のターンオーバー力が下がってしまうからだと言えます。代謝が上手くいかないと、やはり角質が毛穴を塞ぎニキビの理由となってしまいますし、また体調が悪くなることによってもお肌のターンオーバーは鈍ってしまうでしょう。

ホルモンの分泌に影響を及ぼすのは、年代や生理時期だけではありません。ストレスもそのひとつです。ストレスを溜め込みすぎないよう、上手に発散することを意識してください。

趣味を楽しんだり体を動かすことも有効です。ストレスを溜めないためには、しっかりとした睡眠時間の確保も効果的だと言えます。きちんと体に休息を与えてあげないと、疲労を取ることはできませんし、ストレスの元となってしまいますよね。

他にもニキビの原因は存在します。例えば食事内容などもそのひとつです。みなさんは食生活のバランスが崩れてはいないでしょうか?中でも、脂質や糖質、炭水化物の過剰摂取でも、ニキビは生まれます。これらの成分が、皮脂を必要以上に分泌してしまうためです。

また、食生活のバランスが悪いと、スムーズな便通に繋げる事ができません。便秘になってしまうと体内に活性酸素が増加し、皮脂の分泌に悪影響を与えてしまいます。そうなるとニキビを誘引するきっかけとなってしまうでしょう。

ホルモンバランスやストレス、そして食生活にしても、ニキビのきっかけというのは、私たちの生活習慣の中に潜んでいるものです。毎日の生活習慣を振り返り、ニキビを生み出さないように規則正しい生活に整えていきましょう。たっぷりの睡眠と、バランスの取れた食生活、上手にストレスを緩和するなど、ニキビ改善を目指して頑張って下さいね。