背中ニキビ、シャワー時にはご注意を!

背中ニキビ、シャワーのときは気をつけて!

背中ニキビ、シャワー時にはご注意を!

背中ニキビは、背中にポツポツできるニキビの事です。顔にはTゾーンという皮脂がよくでる部分がありますが、背中にも同じようなVゾーンというものがあります。

この部分は皮脂腺が集中しているため、ニキビができやすいのです。また、シャンプーやリンスが原因でニキビができることもあります。シャンプーやトリートメントに配合されているポリマー成分が、皮膚表面に残り、そこから背中ニキビが発生するのです。


とくにロングヘアーの女性に多く、長い髪が肌にかかって刺激するだけでなく、雑菌で肌が汚れやすくなります。シャンプーの液は、本来髪に付いた汚れや、頭の地肌の汚れを落とすために作られたものですから、 なるべく安いシャンプーを選ぶのは避けたほうがよいでしょう。 コンディショナーについても同じことが言えます。 もし、背中を最後に洗っても背中にきびが改善しない場合には、配合されている成分にも注意してみましょう。


髪の洗い方にも注意が必要です。背中は、顔と違って見えにくく手が届きにくいだけでなく、 寝ている間に汗をかいたり、毛穴がふさぎやすい場所。 しっかり洗って汚れを取り、清潔にし、顔と同じくゴシゴシ洗ってしまうのではなく、沢山の泡でやさしく丁寧に洗いましょう。 出来てしまったにきびはつぶすと跡になりやすくなるので、より丁寧に洗ってください。


洗髪が終わった後は、頭の上にまとめたり、早めに髪を乾かすことが大切です。 濡れた髪の毛をただ背中や胸に垂らしておけば、背中を刺激しにきびの原因になってしまいます。 また、背中ニキビは、下着が原因になっていることもあります。 蒸れやすい安い化繊やサイズの合わないブラジャーは避けましょう。

夏などの気温が高くなる時期や蒸れやすい衣服の着用など、汗をかきやすい環境の人や 学校での授業やスポーツ等の部活動、上着の着用が義務付けられている仕事をしている人は特に気をつけましょう。

背中のニキビはスキンケアが難しいですが、背中ニキビができたのにほっておくと、ますますニキビが悪化し、ニキビが治ったあとも、ニキビ跡のクレーターが残ってしまうので、そうならないためにも早めはやめの対処が必要です。

<PRサイト>
キレイの扉 日本メナード化粧品