大人ニキビと思春期ニキビについて

あごにきびができるメカニズムについて

大人ニキビと思春期ニキビについて

思春期のころにできるニキビは「青春のシンボル」とよばれ、 ほとんどの場合は一過性のものですが、20歳を過ぎてもしつこくできるニキビは 「アダルトニキビ」ともよばれる「大人ニキビ」です。


思春期ニキビの原因は皮脂の過剰な分泌によって毛穴が詰ってしまうことですが、 大人ニキビの場合は原因が多様化しており、特定するのが難しいという特徴があります。 また、思春期ニキビが顔全体にできやすいのに対して、 大人ニキビは顔の下半分、特にあごや口の周りに多くできます。


症状や進行具合などに関しては、思春期ニキビとあまり変わりませんが、 きちんとケアしないと
ニキビ跡が残ってしまい、ニキビ跡を治すために相当な時間がかかることもありえます。


大人ニキビは生活習慣や偏った食生活、その人の体質、ストレス、睡眠不足、 便秘、自分の肌に合わないメイク・化粧品など原因がいろいろ考えられます。 たとえばクレンジング一つにしても、ニキビの場合は肌が弱っていますので、 ニキビ肌のためのクレンジングを選ぶことが必要です。


また、女性は生理が毎月ありますので、その前後に ニキビができやすいという人も多いようです。 これはホルモンバランスが大きく影響しているといえるでしょう。


自覚のないストレスはニキビの原因となる男性ホルモンの一種 「アンドロゲン」が多く分泌されます。 ストレスが原因で睡眠不足になったり、食事のバランスが偏ったりするだけではなく、 実は美肌に必要なビタミンを大量に消費するといわれています。


ビタミンが減ると皮膚表面はもちろん、体全体の抵抗力が落ちてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。 大人ニキビの場合は、自分の生活スタイルで気付かない意外なところに 原因があるかもしれませんが、あまりにしつこい場合には美肌ドリンクやニキビ化粧品を購入するなどして、スキンケアをすることが大事です。


そうしたニキビケアでも改善しない大人ニキビには、皮膚科による相談するか美容外科・エステサロンに行くとよいです。ただし、皮膚科や美容外科の場合は、お医者さんの腕によって症状が悪化することもありますので、病院選びにはご注意下さい。 また、皮膚科医の場合は特に、ニキビ跡の色素沈着を病気と見なさない先生もいるので、ニキビ跡を消すには不向きかもしれません。